津軽びいどろ、ねぶたシリーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

tsugarubiidoro202005-2.jpgtsugarubiidoro202005-1.jpg

 

 

ガラスに色を宿す津軽びいどろ。

この色を自在につくりだすのが あおもりマイスター という溶融技術を認められた職人さんたち。色を自在につくりだせるガラス工房は、世界的にみても珍しいのだそうです。

 

そんな職人さんたちの試行錯誤により誕生したのが、この ねぶた というシリーズです。

ラッセラー! ラッセラー! のかけ声とお囃子の太鼓や笛の音と共に迫力あるねぶたが進み、青森の夜を鮮やかに賑やかに染めるねぶた祭り。そのねぶた祭の夜をガラスに映し描いたシリーズです。

「8色の色ガラスと白色の9つのシモ(ガラス粒)を使い、色粒が重なったときに割れたりせず、同じ温度で仕上げても美しく映えるように計算されている(アデリアカタログより)」との事。

 

もうね、美しいしかわいいし、見ているだけで楽しい気分になる。

ぼってりとしたガラスの質感も優しい。

商品ラインナップは、紹介している盃と片口の他に、花器、水盤、タンブラー、小鉢、箸置きなどなど。

皆様、この夏おひとついかがですか。

 

写真の商品の定価|2020.05現在

一番上の写真 左/津軽びいどろ ねぶた 盃/ ¥1000、津軽びいどろ ねぶた 片口/ ¥2000

こちらの商品は手づくりのため、色合いやサイズが若干異なることがあります。


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sanwatenpo.com/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

運営会社ホームページ

三和店舗機器株式会社

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ