駄知のそばちょく

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

dachisobachoko1.jpg dachisobachoko2.jpg dachisobachoko3.jpg

 

 

このね、ややもすれば野暮ったく見える、この "ぼてっ" とした肉厚なデザインが、妙に魅力的に感じてしまう今日この頃です。

 

こちら、美濃焼の産地である駄知のそばちょくです。

スキッとした小振りな形状の180cc前後の蕎麦猪口が多いなか、こちらの蕎麦猪口は250ccと少し大振り。

 

蕎麦猪口は、いわずとしれた蕎麦のつけ汁をいれる器です。

が、日本酒や焼酎などの器としても、湯のみとしても、紅茶やコーヒーやジュースなどのカップとしても、デザート用の器としても、サラダとか酢の物とかちょこっと盛りつける時の器としても、と、色々な使い方のできる便利な器です。江戸時代からその姿をほぼ変えることなく現代に至るこの蕎麦猪口、お江戸で蕎麦が大流行する前は、向付の器として使われていのだとか。

当時から、何にでも使える便利な雑器として重宝されていたんでしょうね。

 

 

 

写真の商品の定価|2019.08現在

一番上の写真 左から 雲竜黒そばちょく/¥700  雲竜ヒスイそばちょく/¥700 雲竜飴釉そばちょく/¥700

昭和製陶


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sanwatenpo.com/mt/mt-tb.cgi/203

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

運営会社ホームページ

三和店舗機器株式会社

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30