調理用品の最近のブログ記事

 

urokotori1.jpgurokotori4.jpgurokotori3.jpgurokotori2.jpg

 

 

プロ御用達、魚屋さんオススメの大型魚専用のウロコ取りです。

 

実は先日、フレンチレストランのシェフに教えていただきました。

皮の硬い大きな魚は、ウロコも硬いため、一般的なウロコ取りよりもこちらのウロコ取りのほうが良いのだそうです。こちらの大型魚専用のウロコ取りは、通常のウロコ取りに比べて刃先が鋭角に近い形です。

 

大きな魚をお料理される皆様、是非一度お試しください。

 

 

写真の商品の定価|2018.12現在

新案うろこ取り¥1000


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから   

ジンギスカン鍋

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

ジンギスカン1-1.jpgジンギスカン2.jpg

 

北海道といえば、ジンギスカン。先日、友人が美味しそうに食べておりました。で、ジンギスカンといえば、ジンギスカン鍋。ジンギスカン鍋は、中央が丸く盛り上がっていてその表面に細長く溝が刻まれている鉄製のお鍋です。

 

皆様ご存知でしょうか。このジンギスカン鍋には、穴あき と 穴無し があります。

 

穴あきは、細長い溝に沿ってスリット状に穴が空いているタイプです。直接食材に火があたり、お肉の余分な脂も下に落ちるようにつくられています。なので、穴から落ちた脂が熱源にあたっても問題の無い、七輪で炭火などを使う際にはこちらのタイプがおすすめです。脂が炭火にあたって香ばしい匂いも堪能できます。

 

穴無しは、細長い溝のみ。ガスコンロや卓上コンロなど、お肉の脂が熱源に当たらない方が良い時や、タレで味を付けしたお肉を焼く時には、こちらのタイプがおすすめです。

 

さらに、鍋の深さが2cmから3cmくらいのものと、鍋の深さが5cm前後の深型があります。

お野菜たっぷり とか タレたっぷり といったジンギスカンを楽しまれるなら、深型がおすすめですよ。

 

ちなみに、写真のジンギスカン鍋は、穴無しの浅いタイプのものです。

 

 

ジンギスカン鍋

ジンギスカン鍋は、直径26cm から 30cm 前後までございます。価格は、仕様により 3000円から10,000円ほどです。南部鉄の商品は取り寄せに数ヶ月から半年ほどお待ちいただく場合がございます。


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

真魚箸、盛箸

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

moribashi.jpg

 

板前さんが包丁の対として使う真魚箸まなばし。

 

一般的に盛箸といわれている長いお箸の事です。平安時代から伝わる、右手に包丁、左手に箸を持ち、魚には一切手を触れずに捌く包丁式という儀式で使われているのを目にされた方もいらっしゃるのでは。

この長くて先の細いお箸を使いこなして、繊細で丁寧な盛付けをされている板前さんの、まぁ鮮やかな事といったら。

 

この真魚箸、金属製のお箸と、竹製のお箸があります。そして、板前さんの指の延長として扱われる大切な道具ですから、姿も美しい。

 

竹製の真魚箸は、金属製の真魚箸にくらべ軽くて扱いやすいです。ご家庭でも、小鉢にかわいらしくお料理をよそう時やお料理をお弁当につめる時などに重宝しますよ。箸先の細さがとても使い勝手が良いんです。

 

 

弊社ショールームで是非、実際に手に取って、重さやバランス、先端の細さなどをご確認ください。

 

 

写真の商品の弊社販売価格|2018.10現在

金口製作所本焼ステンレス盛箸150mm/¥4000 真魚箸竹製28センチ/¥500


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから       

 

水玉土瓶1.jpg水玉土瓶2.jpg水玉土瓶3.jpg

 

肥前吉田焼、副千製陶所の水玉土瓶。

この懐かしい水玉模様、昭和の頃にはじまった意匠だそうです。

 

水玉土瓶は、"  掻き落とし "という技法でつくられています。

生地表面に呉須という藍色に発色する顔料を混ぜた化粧土を施し、手作業で水玉模様のひとつひとつを丸く削って描き出しているのだそうです。職人さんの長年の経験と技術によって、このやさしいフォルムの窪みや、画一でない魅力的な色と模様が産み出される。良いなぁと感じる訳です。

 

深い紺色と鮮やかな白色のコントラストが美しい水玉のシリーズは、日本の食卓の象徴とも位置づけられる製品 として、2010年のグッドデザイン賞、ロングライフデザイン賞を受賞しています。

 

土瓶の他にも湯のみや急須などがありますが、なかでもこの小振りなまるっこいフォルムの4号土瓶、もうね、文句無く良い。と、私は思います。

 

 

 

写真の商品の定価|2018.10現在

水玉丸4号土瓶/¥3300 


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから       

 

yukihira1.jpgyukihira2.jpgyukihira3.jpgyukihira4.jpg

 

お粥をおいしく炊くことができる、行平ゆきひら。

 

行平とは、土鍋の一種で、注ぎ口と取手がついている鍋のこと。厚手なので冷めにくく、お粥を炊くには最適とされています。

この行平、語源は在原行平が須磨で海女に塩を焼かせたという故事にちなんだものだとか。天明(1781-89)末頃からつくられるようになったといわれているから、歴史のある器ですよね。

 

直接火にかけることができるので、ご飯も炊けます。コトコトと弱火で煮込んで美味しく仕上げるお料理にも。例えば、煮込みうどんとか。

 

土鍋を長く使うためには、目止めという作業を是非。これは、土鍋の細かい気孔をでんぷん質で埋めて、水漏れを防ぐために行う作業です。

どうやるのかというと、まず土鍋を水で洗います。次に、洗った土鍋をしっかりと自然乾燥させます。濡れたまま火にかけると割れてしまうので、しっかりと自然乾燥させてくださいね。そして、鍋に八分目ほどのお水を入れてご飯を使って(お米では無く、ご飯です)お粥を作ります。この時、フタはしないで、弱火で吹きこぼれないよう注意しながら、土鍋の大きさにもよりますが、30分から1時間ほど炊き込みます。お粥が炊きあがったら火を止めて、土鍋が充分に冷めてから土鍋からお粥を出します。あとは水洗いして完了です。食器棚に仕舞うときも、しっかり乾燥させてから。

 

ちょっと面倒くさいですが、土鍋を長く使うためのコツです。

 

 

写真の商品の定価|2018.09現在

行平6合/¥1650 

弊社で取り扱っている日本製の土鍋の多くは、鍋のみ、フタのみの注文も可能です。


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから      

 

 

 

kaisharpner.jpg

 

 

"こんなオモチャみたいなのすすめてからに、と言っちゃったけど、思った以上に良かったわコレ。"

 

と、言っていただけました。 波刃が研げるシャープナー です

 

貝印の商品で、刃線に沿って砥石ユニットが稼働する独立サスペンション構造により波刃の凹部まで研げる! というモノ。

パン切り包丁とか、トマト用などのベジタブルナイフなど、従来のシャープナーでは研ぐ事が出来なかった包丁が、研げます。

 

 

写真の商品の定価|2018.09現在

波刃が研げるシャープナー/¥1500

貝印


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから      

 

  

kanzashipick.jpg

 

おもてなしに和ごころを一差し

 

という、和デザインのピックフォーク。素材はステンレス18-8です。

このピックフォーク、ステンレス酸化発色という特殊技術を用いて、ステンレスのシルバー色を独特の黒色にしているのだそうです。塗ったり染めたりしているのではないので、耐久性、耐蝕性に優れています。

そして、複雑で繊細な絵柄は、レーザーマーキング加工という方法で表現されています。この加工方法は、インクを使った印字ではないので摩耗に強い。

 

和ごころを演出するおもてなしをしたい時、こちらのピックフォークひと役買いそうじゃないですか?

 

 

kanzashipickgara.jpg

写真の商品の定価|2018.08現在

18-8黒酸化発色ピックフォークかんざし

写真1段目左から/七宝しっぽう 唐花唐草からはなからくさ

写真2段目左から/花籠目はなかごめ 紗綾形さやがた

写真3段目左から/業平菱なりひらびし 花菱はなびし

写真4段目左から/漣さざなみ

全て¥350

トーダイ


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから      

 

 

 

yakumiire1.jpgyakumiire3.jpgyakumiire2.jpgyakumiire4.jpg

厨房の必需品、ヤクミ入。

調理のタイミングでの冷蔵庫への出し入れなど、美味しさを保つためには以外と手間がかかる。

 

との声を受けて作られたのが、こちらの ヤクミを冷やして美味しさキープ というヤクミ入です。

 

中子の下に保冷剤や氷を入れる事が出来ます。専用のアイスパック(保冷剤)がついていますが、大きささえあえば、どんな保冷剤でも使えます。さらに、中が見える透明なフタは開閉式で作業性アップ。フタ以外は、18-8ステンレスです。

サイズ展開は、中子(0.7L)3ヶ入大、中子(0.7L)4ヶ入大、中子(0.3L)3ヶ入小、中子(0.3L)4ヶ入小 の4タイプです。

 

是非弊社ショールームで、実物を手に取って大きさや素材などご確認ください。

 

 

 

写真の商品の定価|2018.07現在

18-8開閉式ヤクミ入透明カバータイプ4ヶ入大/¥16400


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから      

 

 

 


EARTHTRAY1.jpg
EARTHTRAY2.jpgIMG_1604.JPGIMG_1599.JPG

 

ベルギーroltexの、Earth trayアーストレイ。

 

これ、どんな商品かというと、アーストレイ→アース→地球→環境→考えてます→再生可能な素材を90%使用しています→という商品です。

FSC機関が認証した木材70%と天然樹脂20%からつくられています。

FSCとは、Forest Stewardship Council、森林管理協議会の事。FSC機関は、FSCが認定した、その森林が環境や社会に配慮した責任ある森林管理をしているかどうかを評価、認証する国際的な第三者機関。で、この機関が認証した森林から生産された木材や木材製品は、適切に管理された森林に由来する環境配慮型の商品であることが保証されている、と。

 

しかし、このトレイの特徴は環境配慮という点だけではありません。

食器洗浄機OK、耐熱温度-10°C〜100°C。

そうです、このところ続々と登場している食器洗浄機OKな木製品です。ホント、増えましたよね。

 

まるっこい優しいフォルム、持った時どうなんだろうと思っていましたが、軽くて薄いという点もあいまって、かなり持ち易い。

大きさは、43cmX33cmの長方形のタイプと、43cmX23cmの細長角タイプの2種類。

色は、上の写真の、白木のようなライトウッドとウォームトーンのグレー色のグレイウッド。その他に、ほぼ黒色なダークウッド、粗い木目のビンテージ。4色の展開。ノンスリップ仕様もありますよ。

 

 

写真の商品の定価|2018.05現在

アーストレイ43.0X33.0/各色共¥3600 アーストレイ43.0X23.0/各色共¥2700

ノンスリップ仕様は価格が異なります。

roltex


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから      

 

おはち

| コメント(0) | トラックバック(0)

 


おはち1.jpg
おはち2.jpg

 

 

あまったご飯、どうされてますか?

ラップで包んで冷凍保存。で、食べる時レンジでチン。

 

ですが、陶器でもできるんです

 

それが、陶製おはち です。

あまったご飯を温かいうちに 陶製おはち に移して、冷めたらフタをします。そして、そのまま冷蔵庫で保存。食べる時に、冷蔵庫から出して、フタをしたまま電子レンジで1分から3分ほど温めます。すると、ふっくら炊きたてのようなごはんの出来上がりです。

これは、陶製おはちが多孔質な耐熱陶土でつくられているから。

多孔質な陶土には調湿機能があり、ご飯の水分を調湿保存し、レンジでチンする時に蒸気として還元しているんだそうです。

この陶製おはち、温野菜もつくれます。野菜を洗って、適当な大きさに切って、そのまま陶製おはちにポンといれ、これまたレンジでチン。

 

さらに、レンジでチンしたあとそのままテーブルに出せる器だというのも良いトコロではないかと。

土物のザラっとした質感といい、シンプルなコロンとした形といい、素朴な色合いといい、ココロをくすぐられるデザインの器です。

 

大きさは、1合と1.5合の2種類。

色は、白樺と黒柿の2色。

 

冷めたご飯を炊きたてのようなほかほかご飯に。でもって、目にも舌にも美味しくする、ちょっと良い器ですよ。

 

写真の商品の定価|2018.01現在

へちもん

白樺、黒柿 おはち1合 ¥3400(税別)

白樺、黒柿 おはち1.5合 ¥3800(税別)


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから     

 

MTBlog42c2BetaInner

運営会社ホームページ

三和店舗機器株式会社

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31