2015年10月アーカイブ

伊賀の土鍋

| コメント(0) | トラックバック(0)
iga.jpg

ほっこりとする独特の土の風合いが魅力的な伊賀焼。じっくりと食材に熱を伝え、また、火から下ろしてもコトコトと煮込む時と同じ温度を保つ事ができるのも、伊賀焼の特徴のひとつです。

この伊賀焼、 古琵琶湖層と呼ばれる、400万年前の生物や植物の遺骸が多く含まれる堆積層から産出される陶土でつくられています。この陶土は、高温で焼成するとその遺骸が燃え尽き、細かな気孔ができるのだそうです。この多孔質な生地は、呼吸する土 とも言われるほどの粗土で、日本の陶土のなかで土鍋にできるほどの耐火度を持つのは、伊賀の粗土だけだとか。

 

寒い冬をホクホクのお料理で楽しむにはもってこいの伊賀の土鍋。大きな土鍋だけではなく、器としても使える手のひらサイズの小さな土鍋もあります。サイズだけでなく、色も豊富です。

 

ショールームでは、この小さな土鍋を陳列中です。

 

この冬は、土鍋をひとつ と、お考えの皆様、伊賀焼きを候補のひとつに、是非。

 

 

写真の商品の定価|2015.10現在

長谷園 伊賀焼きエッグベーカー小 ¥1500(税別)


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。まずは、お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから  

 

 


MTBlog42c2BetaInner

運営会社ホームページ

三和店舗機器株式会社

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事