土瓶蒸しの器

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

20191127150514-1270516.JPG

 

土瓶蒸しといえば、松茸。

ですが、

松茸以外にも、しめじやエリンギなどのキノコでも楽しむことのできる土瓶蒸し。秋が来てこれから冬がやってくるんだなぁと季節を感じる事のできるお料理ですよね。

 

この土瓶蒸し、いただく時のマナーをご存知でしょうか。中の具材を食べても良いのかどうか悩んだ経験はありませんか? はい、私はあります。

 

土瓶蒸しは、だし汁と具材を交互に楽しむのが良いのだそうです。まず最初に、土瓶の上に伏せて置いてあるお猪口を取って、お猪口に汁をそそぎ、だし汁をいただきます。次に土瓶の蓋をあけて香りを楽しんだ後、スダチをしぼって入れます。そのあとは、だし汁を飲んで、具材をいただいて、だし汁を飲んで、具材をいただいて、、、、、という風にだし汁と具材をかわりばんこに味わう と。お猪口は具材をいただくときの取り皿も兼用しています。

 

 松茸だけじゃない土瓶蒸し。色々なキノコでおためしあれ。

 

写真の商品の定価|2019.11現在

写真 手前 織部十草土瓶蒸し/¥4000、中央左 粉引き土瓶蒸し¥3600 中央右 志野十草土瓶蒸し¥3300、奥 むさしの丸土瓶蒸し¥3700


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

 パーティーやお正月の食卓にぴったり!

水引でつくるテーブルウェアアクセサリー体験教室。

 

mizuhikitaiken.jpg

 

 

水引細工のいろはのいあわじ結びから、いろはのろ梅結びまでをマスターして、

パーティーやお正月のおもてなしにぴったりな箸置き箸袋をつくる体験教室を開催します。

 

人と人を結ぶという意味のある縁起の良い水引細工で、食卓に華を添えておもてなし度アップをしてみませんか。

初心者の方でも無理なくマスターできますよ。

 

参加希望の方は、事前に弊社石井まで電話で申し込みください。

 

 

日時

12月8日(日)

1回目 13時~14時30分(90分)

2回目 15時~16時30分(90分)

各回とも、定員は4名です

 

受講料

2000円(税込み)

 

場所

三和店舗機器株式会社 1階ショールーム

 

申し込み連絡先

084-923-6790 石井まで

 

 

 

 

 

201911arudake.jpg

 

カタログ改編の季節です。

各メーカーから続々と新カタログが届いておりますが、今回は、まぁ新商品が多い。

そして、カタログ落ちしてしまった商品も多いです。

 

という事で、

そんな惜しくもカタログ落ちしてしまった器の あるだけSALE やってます。

 

なくなり次第終了です。

ほぼ1点づつですが、掘り出し物もありますよー。

 

 

neofisionboul1.jpgneofusionboul2.jpg

 

 

お茶碗なんだけれど、お茶碗としてだけでなく、小鉢やボウルやデザート用の器としても使えそうなおもしろいデザインの器です。

色は、グレージュ(写真左、ほんのり桃色がかった灰色)とアスト(写真右赤系のこげ茶)の2色。どちらも、微妙な色の濃淡のある落ち着いた色合いです。

 

NEO FUSIONシリーズは、この2色の他にも、紺色の手描き模様と白色の対比を鮮やかにデザインしたものや、藍色のグラデーションがおもしろい器などがあります。釉薬•吹付、手塗り、手描技法のため、1点づつ発色や風合いに違いがあり、どれも偶然にできた色の濃淡と模様が魅力的なシリーズです。

 

単色ではない色合いと浮き出た模様のおもしろさ。手に取ると、ぐぐーっと惹き込まれてしまうような器です。

 

 

 写真の商品の定価|2019.10現在

写真上 左から NEO FUSION グレージュ角茶碗/¥850、 NEO FUSION アスト角茶碗/¥850


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

 

kuroutsuwa.jpg

 

 

石材や木材を使った器が次々に登場して来た時には おぉー! と、思いましたが、このところ、テクスチャーを駆使した、陶磁器の和食器が続々と登場中です。岩のようなゴツゴツっとしたモノや、年輪のような凹凸をデザインに取り入れたモノとか、ヒビ模様の面白さをそのままデザインにしたモノなどなど。こちらも、なかなかに ほぉー! な、良い感じ。

 

今回紹介するのは、ゴツゴツっとした岩肌のようなテクスチャーの黒い器、カーボンブラックシリーズ。

漆黒の黒ではなく、深いグレーといった色合いで、表面の凹凸によりできる陰影の黒色濃淡が、これまた良い風合いを醸し出しています。

このシリーズは、せっ器質陶器を原料にしている器です。せっ器質陶器は、通常の陶器や土物にくらべ、吸水率が低いという特徴があります。

 

サイズ展開は、9種類。

長角皿、20cm、25cm、30cm、36cm。正方形に近い長角皿、32cm。26cmの円形プレート。正角皿、20cm、24cm、30cm。

 

 

写真の商品の定価|2019.09現在

写真 上から 黒釉三日月プレート/¥4000  黒釉ゴールド菊型3.8小鉢(内ゴールド、外黒)¥1950 カーボンブラックモダンプレート長角25cm/¥2400  カーボンブラックモダンプレートラウンド26cm¥4400 水引箸留め黒/¥400 箸/参考商品


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

 

 

ネオココット1.jpgネオココット2.jpgネオココット3.jpg

 

 

この独特なデザインのフタ付ココットをつくっているのは、RAK PORCELAINラックポーセレン社。

こちらの会社、なんと、UEAアラブ首長国連邦のラスアルハイマ首長国にある、首長国最大の陶磁器メーカーです。設立は2005年。比較的新しいメーカーですが、ヨーロッパをはじめとする世界中のホテルレストラン業界から注目を集めているのだとか。

 

このメーカーの特徴は、鮮やかな発色の多彩なカラーバリエーション。

定番カラーは下の5色(スモーキーブラック、ダークレッド、スノーホワイト、ピタヤグレー、チェスナッツブラウン)なのですが、こちらのメーカー、ガストロノームパンも作ってまして、ガストロノームパンに至っては、この5色にブラウン、イエロー、オレンジ、グリーンの4色が加わって、定番カラーが9色になっているという。さらに、受注生産のカラーも用意されてます。

 

 

ネオココットカラー.jpg

 

 

ちなみに、価格も比較的リーズナブル。

 

 

写真の商品の定価|2019.09現在

一番上の写真 左から ココット8.5cmスノーホワイト105cc/¥1650  リッド(ココット8.5cm用蓋)スノーホワイト¥450 ココット10cmチェスナットブラウン175cc/¥2000  リッド(ココット10cm用蓋)チェスナットブラウン/¥500

写真にはありませんが、ガストロノームパンの価格は、1/1角深型(H71mm) ¥18000 です。

ラックポーセレン


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

 

 

 

manryou.jpg

 

大きめサイズ、8号土瓶、10号土瓶、ございます。

 

ご家庭で普段使われるのは、湯のみに2〜3杯くらいつげる、容量が500cc前後の4号土瓶くらいでしょうか。

土瓶のデザインにより容量は前後しますが、8号土瓶は1200~1400ccくらい、10号土瓶は1800~2000ccくらいです。人数の多い席で重宝する、タップリサイズの土瓶です。

 

ちなみに、土瓶や急須の口ついている透明のビニールキャップ。これは、運搬中の破損防止のためについているキャップです。ご使用になられる時には、これを外してお使いくださいね。

manryoukuchi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の商品の定価|2019.09現在

一番上の写真 左から 有田焼まんりょう8号土瓶1400cc/¥5500  黒燻し10号土瓶1800cc¥7000 


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

 

駄知のそばちょく

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

dachisobachoko1.jpg dachisobachoko2.jpg dachisobachoko3.jpg

 

 

このね、ややもすれば野暮ったく見える、この "ぼてっ" とした肉厚なデザインが、妙に魅力的に感じてしまう今日この頃です。

 

こちら、美濃焼の産地である駄知のそばちょくです。

スキッとした小振りな形状の180cc前後の蕎麦猪口が多いなか、こちらの蕎麦猪口は250ccと少し大振り。

 

蕎麦猪口は、いわずとしれた蕎麦のつけ汁をいれる器です。

が、日本酒や焼酎などの器としても、湯のみとしても、紅茶やコーヒーやジュースなどのカップとしても、デザート用の器としても、サラダとか酢の物とかちょこっと盛りつける時の器としても、と、色々な使い方のできる便利な器です。江戸時代からその姿をほぼ変えることなく現代に至るこの蕎麦猪口、お江戸で蕎麦が大流行する前は、向付の器として使われていのだとか。

当時から、何にでも使える便利な雑器として重宝されていたんでしょうね。

 

 

 

写真の商品の定価|2019.08現在

一番上の写真 左から 雲竜黒そばちょく/¥700  雲竜ヒスイそばちょく/¥700 雲竜飴釉そばちょく/¥700

昭和製陶


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから    

伊賀の土鍋

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

igadonaberikyuu1.jpgigadonaberikyuu2.jpgigadonaberikhyuu3.jpg

 

 

色々な土鍋がありますが、

呼吸をする土と言われるほどの粗土である多孔質な伊賀の陶土でできた伊賀の土鍋は、蓄熱力が高い。そのため、火から下ろした後もトロ火で煮込むのと同じ温度帯を保つため、食材の旨味をググーっと引き出す事が出来る。のだとか。

 

こちらの土鍋は、炊飯土鍋の かまどさん で知られている、伊賀焼の伝統と技術を継承している長谷園の土鍋。

作り手は真の使い手であれ! という精神でモノづくりをされているだけあって、デザインもね、良いのです。余分な装飾が無くて。

 

今年は土鍋を手に入れようかな という時はこちらの土鍋も候補のひとつに是非。

 

 

写真の商品の定価|2019.08現在

伊賀土鍋 利休十草 小(1~2人用) 直径205mm 750cc/¥3500 中(2~4人用) 直径265mm 1500cc/¥6000 大(3~5人用) 直径305mm 3000cc¥10000

長谷園 ながたにえん


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから   

 

 

ma-buru1.jpgma-buru2.jpgma-buru3.jpg

 

 

マーブル模様の28cmプレートです。

 

マーブル模様の部分は表面がわずかに削ってあり、模様の浮き出し方に自然と変化がついているので、より面白い表情の器に仕上がってます。

質感はマット。鈍い光沢が、マーブル模様をより上質な雰囲気にしています。

 

中央のマーブル模様の部分はほぼフラット。周囲の色の違う部分が反り上がっているデザインです。

 

 

 

写真の商品の定価|2019.08現在

サラサマーブルホワイト28cmプレート/¥3800 サラサマーブルブラック28cmプレート/¥3800

KOYO


弊社ショールームで取り扱っております。価格や仕様など商品内容が変更になっている場合や、お取り寄せに時間や送料をいただく場合がございます。また、ロット単位での販売商品の場合もございます。お気軽にお問い合わせください。表示価格は全て税抜き価格です。

お問い合わせはこちらから   

MTBlog42c2BetaInner

運営会社ホームページ

三和店舗機器株式会社

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30